Posted on

服用するタイミングを絶対に間違えない

世の中にはたくさんの薬が存在していますが、その中には同じ症状に向けた薬もあります。

いくつもの薬が同じ症状に効果があるとなれば、どれを使っても同じだと思ってしまうかもしれません。

ですが、別々の薬である以上、同じ症状に効果が期待できても、その内容に関しては違うと考えた方がいいのではないでしょうか。

自分の症状に合わせて、きちんと医師と相談した上で処方して貰う薬がいいと思います。

ただ、いくら自分に合った薬を処方して貰っても、その服用方法を間違っては元も子もありません。

食前や食後に服用となっていれば、それぞれ食事の前や後だと分かるでしょう。

ですが食間に服用となっている薬の場合、勘違いして飲んでいる人もいるようなのです。

食間という言葉から、食事をしている間に飲めばいいと思っているのです。

ですが、食間というのは食事の間ではなく、食事と食事の間という事なのです。

ですから食事が終わってから、少なくとも2時間程度は経過してから飲むようにしましょう。

次の食事までのちょうど中間である必要はないのですが、ある程度時間を空けた方がいいのです。

レビトラという薬のように、食事などとは関係なく服用できる薬もあります。

こういった薬であれば、必要なときにすぐ服用できるので、利用者にとっては便利ではないでしょうか?